【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

レーザー脱毛に失敗して生え際に産毛がほしい。

 

前髪をレーザー脱毛6回くらいしましたが、広くしすぎたと後悔して今育毛したいです。

 

現在産毛は生えていますが髪の毛のようなら太い髪は生えてきません。

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

 

こんなケースでは自毛植毛しか解決策はありません。理由は一つで、毛根がない箇所には育毛剤や毛生え薬を使っても毛は生えてこないからです。

 

生まれつきおでこが広くというケースと同じで、毛根がなければどうしようもないんですね。

 

あなたも上記の方と同じような状況でうつになりそうなぐらい悩んでいるかもしれませんが、自毛植毛なら自然な生え際に戻せますので希望を持ってください。

 

 

 

毛包が破壊されれば毛は生えてこない

 

黒い色素(メラニン)だけに集中する波長のレーザーや光を照射すると、レーザーや光エネルギーは皮膚の表面を通過し、毛根に集中して瞬間的に高熱を生じます。この高熱で毛根に接している毛包や毛乳頭を焼灼します。

適切な照射が行われると、皮膚にダメージを与えずに毛根と毛包が焼灼されて、半永久的な脱毛ができます。

 

 

 

厳密に言えば、毛を成長させるのは毛根ではなく、毛根を包んでいる毛包です。育毛剤が薄毛に効果的とされているのが、通常の薄毛による脱毛であれば、毛包はまだ死んでいないからです。

 

育毛剤で毛包に栄養を送り、毛の成長を促すことで肉眼で確認できる産毛や髪の毛が生えてくるという仕組みです。毛生え薬も同様です。

 

ですが、レーザー脱毛は上記の通り、この毛包をも組織から破壊してしまいます。つまり、毛包がない状態なので、いくら育毛剤を使っても産毛が生えてくることはありません。

 

頭にケガをされた方で、その箇所だけ髪の毛が生えてこないのと同じ状況です。毛包が破壊されれば、生えてくることはないんです。

 

もちろん、レーザー脱毛でも1度だけの施術であれば、施術を行った箇所付近の他の毛包は生きているので、時間の経過とともに毛が生えてくる可能性はあります。

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

髪の毛は上記の成長期⇒退行期⇒休止期のサイクルで毛が生え変わり、レーザー脱毛は成長期の毛をターゲットに照射します。

 

そのため、すべての髪が上記のサイクルで同時進行しているわけではいので、レーザー脱毛を行ったときに、「退行期」「休止期」であった毛は生えてくきます。

 

レーザー脱毛が1度で施術が完了しないのもこれが理由です。

 

そのため、5回以上、レーザー脱毛の施術を行っているのであれば、もう毛が生えてくることはないと思ってください。そうなれば、毛包ごと髪を移植する自毛植毛を頼るしかありません。

 

 

自毛植毛であれば産毛であれ髪の毛であれ生やすことができる

 

永久脱毛後の生え際を自毛植毛で戻したい

おでこが気になり永久脱毛しましたが、不自然な感じになってしまいました。元に戻したいのですが可能ですか?

 

Re:脱毛後の生え際を自毛植毛で戻したい
KKK様

 

ご投稿ありがとうございます。

 

可能です。
同じ悩みでカウンセリングに見える方は大勢いらっしゃいます。
脱毛したヘアラインでは、広すぎるということだけではなく、境界線が機械的ではっきりしすぎるために不自然に見えます。
植毛を行う場合には産毛からしだいに濃くなるデリケートな女性の生え際を忠実に再現するためにはいろいろと注意が必要です。

 

 

植毛には人工植毛と自毛植毛の2種類がありますが、人工植毛は合成繊維で作成した人工毛を植えることから体が拒否反応を起こすこともあり、日本国内では推奨されていません。

 

アメリカの多くの州でも法律で禁止されているほどデメリットや危険のある手術になりますので、植毛なら自毛植毛1択という結論となります。

 

自毛植毛はその名の通り、自分の毛を移植するわけですから体が拒否反応を起こすこともなく、上述したように毛包単位で移植するため、植えた毛は他の毛と同じように伸びたり休止期を迎えたりします。

 

なぜ、自毛植毛が産毛に最適かというと、植える毛を選別できるからです。

 

自毛植毛は言わば引っ越しです。元々薄い毛を移植したら、移植後もその毛は薄い毛として生えてきます。薄い毛を移植して濃くなるなんてことはありません。

 

毛包ごと移植するわけですからね。そのため、生え際の産毛に近い毛。つまり、耳の後ろの毛やうなじの毛を移植することで、産毛を作ることが自毛植毛では可能になります。

 

人工植毛で産毛のような薄い毛を作ることはできないので、自毛植毛でしか産毛は再現できません。

 

もし、前髪も脱毛してしまい産毛だけでなく前髪も作りたいなら、後頭部の中央付近の濃い毛を移植することで、前髪を再生することができます。

 

そのため、生え際に産毛がほしいという望みは自毛植毛にだけ叶えることができます。

 

 

自毛植毛の基本的な仕組み

 

 

手術は2種類あるが、産毛植毛ならFUE手術

 

自毛植毛手術にはFUT手術とFUE手術の2種類があります。どちらも、毛包単位で移植する手術になるのですが、毛包の採取方法が異なります。

 

FUTがメスで皮膚の表面を切り取り、多くの毛包を採取するのに対し、

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

FUEは以下のように1毛包ごとにパンチでくり抜いて採取します。

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

FUT・FUEそれぞれにメリット・デメリットがありますが、産毛の植毛の場合はFUE手術が最適となります。

 

FUTではメスで切り取った後に産毛に近い毛をピックアップして植えることになりますが、産毛として使えない毛も無駄に採取してしまうことになります。

 

ですが、FUEでは産毛に近い毛のみを選別して採取できるため、産毛植毛=FUE手術です。

 

また、同じFUEでも人が採取するクリニックもあればロボットが採取するクリニックもありますが、産毛の場合は人が採取するクリニックでなければいけません。ロボットは機械で等間隔に採取できるだけで、産毛に近い毛を選別できるわけではありませんからね。

 

尚、産毛植毛の費用としてはトータル約40万円は覚悟する必要があります。

 

生着率は90%近く

 

生着率とは植えた毛のうちの何%が生着し、その後、半永久的に生え続けるかという指標ですが、生着率は100%ではなく約90%が平均です。

 

そのため、植えた毛が全て生えるわけではありません。特に生え際の産毛の場合は、薄い毛であることから生着率は90%を下回ることも覚悟する必要があります。

 

それを見越した上で植毛するわけですが、通常の植毛と違い非常にデリケートなので、植毛医の腕次第で結果が左右される手術となります。

 

生え揃うのは1年後

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

移植した毛はすぐに生え揃うわけではなく、1年は覚悟する必要があります。

 

術後1〜2ヶ月は休止期となり一旦毛が抜け落ち、術後2〜3ヶ月で成長期に入り毛が成長していき、術後半年〜1年で発毛は完了します。

 

産毛にも長さの違いがあるので、10cm近くの産毛になるには1年半は見ておく必要があるでしょう。

 

 

産毛の自毛植毛手術の流れ

 

どの植毛クリニックでも植毛手術の流れは、「無料カウンセリング⇒手術日決定⇒予約金振込⇒当日カウンセリング後、手術前に残金支払い」の流れで進んでいきます。

 

手術は当日のみでかつ、半日で手術は終わるので、レーザー脱毛のように通院する必要も一切ありません。

 

では、FUE手術の流れを見ていきましょう。

 

産毛に近い移植毛の採取

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

写真では後頭部中央付近から採取していますが、産毛植毛はうなじや耳うらの産毛に近い毛を毛包を傷つけないようにパンチで採取していきます。

 

採取前に、うなじ付近を刈り上げますが、刈り上げずに採取することも可能です。

 

移植毛の確認

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

採取した移植毛が問題ないかを、顕微鏡で確認します。

 

移植孔の作成

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

マイクロスリット(メス)で植える箇所に極小の線傷を作り、移植毛を植える毛穴を作成していきます。

 

このマイクロスリットを用いた毛穴も作れるクリニックと作れないクリニックがあるので、技術力の高い医者のみがマイクロスリットを用いています。

 

生え際へ産毛を移植

 

【おでこを脱毛して不自然】生え際に産毛がほしいなら自毛植毛しかない!

 

医師と看護師の連携プレイで生え際に産毛に近い移植毛を移植していきます。植える角度や深さによって生着率や見た目が変わるので、これも技術力がなければ悲惨な仕上がりになります。

 

 

まとめ

 

レーザー脱毛で失敗して産毛や前髪を元通りにしたいなら、FUEによる自毛植毛手術以外に解決策は残念ながらありません。

 

それなりの費用かかりますし、すぐに産毛が生えるわけではありません。植毛後は、前髪で隠す必要もでてきます。

 

ですが、1年後、自然な産毛が実現できたなら、後はもうメンテナンス不要で半永久的に生え続けます。鏡を見て悩むこともなくなります。

 

美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックのドクターが脱毛で失敗した際に、自毛植毛を勧めている現状ですから、生え際に自然な生え際がほしい際は、自毛植毛クリニックを頼るようにしましょう。

 

但し、自毛植毛にもデメリットがあるので、カウンセリング相談前に「おでこに植毛する際に知っておきたいデメリット」の記事も確認するようにしましょう。

 

page top